Entries

逃走…その後。

逃走…その後。

あー、会社嫌になって、携帯の電源切って、
自宅に立てこもり。

今考えなおすだけでも、胃が痛くなる。

最初は、ガンガンお酒も飲めて、
それほど、不調じゃなかったけど、
晩、酒、朝、酒、昼、酒。
数日、そんな生活を続けると、
当然胃は痛くなる。
吐き気。

最初は血が少し混じる程度だったけど、
2回目は真っ黒。
3回目も。

便も真っ黒。

そんな中数日を過ごして、
今朝は、お酒(発泡酒)を舐めるように飲む。
吐き気が怖かったし、飲む気力もない。
でも、外の物音が怖くて、酒に手をつける。
会社のことを考えると怖かった。
だからまた飲む。
誰か来るんじゃないか。
だからまた飲む。
実際に土曜日には母が来ました。
日曜日もまた飲む。
部屋の電気もつけず。
何か、肝臓が悪いのかな?
そんなのも脳裏によぎるし、胃は相変わらず痛い。
痛い。怖い。怖い怖い。痛い。
このまま死ねばいいのにって思った。
何度も。…何度も。

そんな中、何の気なしに触った「なめこ」
思わず、切っていた携帯電話の電源を入れた。
弟からのメール。
「グッピーたくさん生まれたよ」
今思い返すと涙があふれて来る。
気力が少し復活したのかな?
一寸だけ、弟に返信。
そして、電源オフ。
18時ぐらいに、実家に電話。
一寸だけつながったけど、
自宅の電波が悪くて、切れた。
なんで、メールを入れる。

20時過ぎ、ノックの音が。
母か?と思って出てみるとS社長でした。

ここでの内容は割愛。

あー。でもこの数日暗がりで、ずっと怯えていました。
怖かった。
辛かった。
何か、自分の部屋だけ、太平洋戦争の真っ只中にいるような気すらした。


「死ぬ気やったら、生きるために、あがけ!」


S社長の暖かい、叱咤激励。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://fuma.mobi/tb.php/775-ec6cc46a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

pervect

Author:pervect
Twitter ID:@recigam

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR