Entries

無い時に限って

・・・。

今日はネタがない。平和な一日でした。

しかし、事件は忘れた頃にやって来る。油断大敵。


平和な夕食のひととき。家族の笑い声。

その、和やかな雰囲気をぶち壊す嫌な音。

ブ~~~~~~~~ン。

な、何の音だ。

は、蠅だ。何故この寒い時期に貴様は生きていられるんだ。

思わず魔剣(新聞紙を丸めた筒)を手にしたが、奴は電灯の

中にいた。

これで、成敗すれば埃が夕食にかかってしまう。

必勝アイテム、殺虫剤も使えない。

ふ、不利だ。残りの仲間も他の部屋へ移動している。

1対1の勝負。こちらに武器はない。

しかし、奴だけは絶対に許せない。ここで、閃いた。

究極技を出すのは今しかないと。

1回目の技は、惜しい所で外してしまい、2度目はかすりも

しなかった。

3度目、遂に技はヒットした。

「究極、羽つかみ。」

隣の部屋から、悲鳴が。

「蜂がいる~。」

一体この家はどうなってるんだ。と思いながら隣の部屋へ

移動した。

確かに、ハンカチを干してある場所に蜂が止まっている。

しかも、奴には究極技は通用しない。

成功しても、私の手が刺されてしまう。

私は、再び魔剣を手にした。

魔剣を奴に突き立てた。奴は素早く飛び上がり私に襲いかかる。

幾度となく奴に向かって剣を振った。奴も、剣を避け私を襲う。

奴が、私の腹部目がけて来たとき、剣を斜めから振り下ろした。

そのとき、確かな手応えを感じた。ブーーン。

奴は、壁と鉄の箱の隙間に挟まっていた。

私は、安堵し奴にとどめをさした。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fuma.mobi/tb.php/6-7b13df2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

pervect

Author:pervect
Twitter ID:@recigam

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR