Entries

拙者は…(武士編)

夕方のことでござる。

突然、雹やら霰やらが城(会社)に降り始めた。

拙者の住処は山の麓にありまするゆえ、積もってはたまらぬと思い

勤めもそこそこに切り上げたでござる。

城をでて、籠(車)をみると屋根は真っ白になっていた。

急いで籠に乗って、取りあえず籠を走らせたでござる。

帰り道の安部山という場所は、道が真っ白になっていた。

拙者はそれを見て、明日は雪かきをする覚悟で帰ったよ。

だが、拙者の住処は積もっておらんかった。

拙者が安心して、夕飯を食しているとき、

びゅっ。

何かと思えば、突然の矢文(電話)であった。

「今日は、雨が降っている故、れいのものは明日でかまわぬ。」

拙者は天の邪鬼であるゆえ、「今日行く。」と矢文でかえし、


食事もそこそこに切り上げて、ぶつをもっていったでござる。

天気は雨に変わっていたでござる。

ぶつを届けたら酒を振る舞われて、つい長居をしてしまった。

住処に帰るときは雨は止んで、すっかり晴れていた。

空には、寺子屋(学校)で習ったおりおん座とおおくま座があったでござる。

それ以外の星座は、拙者は噸と忘れてしまった。

しかし、久しぶりに星が眺められて妙に嬉しかったでござる。

これにて、今日の拙者の呟きはおしまいでござる。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://fuma.mobi/tb.php/12-2736fc5e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

pervect

Author:pervect
Twitter ID:@recigam

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR